みゆきファッションモデルクラブの懇親会

0
    (*^▽^*)こんばんは♪

    前回ブログを更新してから一週間近く経ってしまいました。

    仕事の日は、朝の通勤途中に携帯でFacebookとTwitterを〜と心がけていたのですが、このブログは少し長めにアップしたくてと思っていたのが、仕事帰りや帰宅してから、ブログアップするまでの余力がなく更新が遅れてしまいました。

    実は、先週の木曜14日に、私としてはちょっとしたイベントがあったので、このことを先にブログにアップしたいと思ってました。

    先週木曜の夜は、私が21歳から約3年間所属していた「みゆきファッションモデルクラブ」の懇親会がありました。

    去年、その時のマネージャーのヨーコさんこと松浦(力石)陽子さんが亡くなったこともあり、今回「故陽子さんを偲ぶ会&みゆき懇親会」がみゆきファッションのマネージャーだった近藤さん、そして私が現在所属する芸能事務所ヒラタオフィスの桜井社長も発起人となり開催の運びとなりました。

    当日は、みゆきファッションに所属していた20名くらいが集まり、当時一緒にお仕事していた私と同世代のメンバーは7名、あと大半は大先輩の方々で、それも初めてお会いする方たちで、とっても素敵な貴重なお話を伺うことができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

    昔(約50年くらい前!?)は、日本のモデルクラブといえば男性専科の『S.O.S.』だったそうで、そのマネージャーをしていた松浦孝子さんが女性のモデルクラブとして銀座のみゆき通りに『みゆきファッションモデル紹介所』を妹の陽子さんと共に立ち上げたとのことでした。
    私が『みゆき』に入るずっとずっと前に、現在私が所属するヒラタオフィスの桜井社長も『みゆき』でモデルとして活躍していました。

    私がみゆきに入ったのは21歳、今からもう28年も前のことで松浦孝子社長が事務所を閉じるまでの約3年間所属し私は「大沢麻湖(おおさわまこ)」という芸名でした。

    中学高校時代は日本ではなくハリウッドで〜と女優を目指していた私でしたが、いろいろあって21歳のときに、母が日本で頑張りなさい!と映画評論家をしていた祖母の従兄弟の河野基比古(こうのもとひこ)、母は「もとひこちゃん」と呼んでましたが、その基比古ちゃんのところに相談に行きなさい!と、そしてその河野先生(私はその後は基比古ちゃんではなく河野先生と呼び)の知り合いのカメラマンから「みゆき」を紹介していただき、みゆきでモデルを始めたのでした。

    その後、『みゆき』がなくなって、『ボンド』に移籍し、その後一度は芸能生活を休止した私でしたが、縁あって今から16年前の1996年に、みゆき時代の友人の紹介で今の『ヒラタオフィス』に所属することとなりました。

    懇親会当日にお会いできたみゆきの大先輩に日活第一期ニューフェースの77歳現役の女優さん星野晶子さんがいらっしゃって、貴重なお話を直接伺うことができ、またお叱りもうけ、感謝の気持ちで胸が熱くなりました。
    それから、今までなかなか機会がなかった桜井社長へ私自身のアピールをすることもなんとかできました。

    15年振り?20年振り?に会えたみゆきの友達からも、ものすごく励まされて、嬉しかったです。

    これからも自分を磨き続けていきます!
    そうなんです。もしかしたら、80歳まであと現役で30年以上あるかも〜!と思ったら、まだまだこれから!って思えてきて、健康だったら何でもできる!
    やってみよう!って自信が出てきた私なのでした。
    (^^)v



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Blog Mail

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM